未来人へのメッセージ〜堀川再生のための連携プロジェクト2006 クロージングイベント

堀川再生のための連携プロジェクト2006では,民・産・官・学から堀川に関心をもつ約80名の参加を得て約1年間,5つのテーマに分かれて討議,実験,調査を行ってまいりました.クロージングイベントではこれまでの成果を確認するとともに,「連携」というキーワードを中心に今後の堀川と堀川への取り組みについて意見交換を行います.

 

主催:堀川再生のための連携プロジェクト2006()名古屋都市センター

日時:2007321日(水・祝)14:00-17:00

会場:()名古屋都市センター11階 大研修室

(名古屋市中区金山町1-1-1,金山総合駅南,金山南ビルhttp://www.nui.or.jp/

定員:100名(当日先着順)

プログラム:

14:00-14:05 開会挨拶:連携について考える

14:05-14:15 土木学会「流域管理と地域計画の連携方策に関わる共同研究」(2004-2006年度)成果のまとめ

14:15-15:30 グループ成果報告

・第1グループ:堀川を活かしたまちづくり−舟運整備のためのCGと不動産管理GIS

・第2グループ:民産官学の連携とその方向性

・第3グループ:水質の感覚的評価−ごみ,においの参加型調査

・第4グループ:堀川の良さ再発見−小学生向け堀川パンフレット制作

・第5グループ:情報発信とPR−WEB写真コンテスト

15:30-15:40 休憩

15:40-16:00 プロジェクト2006アンケート結果

16:00-17:00 意見交換:未来人へのメッセージ

 

懇親会:WEB写真コンテスト受賞者表彰式を行います.(受賞者には前もってご案内します)

日時:2007321日(水・祝)17:30-19:00

会場:()名古屋都市センター11階フロア(大研修室横)

会費:2000円(当日受付時にお支払いください)

 

上記イベントに関する問合先: 名古屋工業大学 都市基盤計画研究室 秀島栄三

FAX・電話 052-735-5586 E-mail: hideshima.eizo@nitech.ac.jp

 

堀川再生のための連携プロジェクト2006

名古屋・堀川については水質浄化,沿川市街地を含めた水辺の再生にむけて数々の提言,社会実験が行われてきました.これら提言や実験の成果をさらに前進,具体化させるために市民,企業,行政,大学の各方面からの参加を得て,およそ1年をかけて数回のワークショップ形式による討議,実験,調査を進めてまいりました.

 

主催:中部大学 都市水工部門,名古屋工業大学 河川研究室・建設マネジメント研究室・都市基盤計画研究室,名城大学 水工システム研究室,国土交通省 中部地方整備局 庄内川河川事務所

後援:土木学会 水工学委員会・土木計画学研究委員会(流域管理と地域計画の連携方策に関わる共同研究)

協力:名古屋市,()名古屋都市センター

プロジェクトホームページ:http://www.horikawa-saisei.jp/