研究会の取り組み

 

堀川&研究会関連ニュース



研究会開催記録

成果報告(発表資料など)


市民がつくるインフラ研究会では小中高校等にむけて堀川の浄化や生態系に関する出前講義を致します.詳細は電話等にてお問い合わせください.



2007年
  • 3/31 名工大研究協力会の研究会は本研究会を含め全て平成18年度を以て解散となりますが,市民がつくるインフラ研究会は今後も活動を継続する見込みです.今後ともよろしくお願いします.
  • 1/18 堀川に取り組んでいる4つの研究室より学生が研究発表を行いました.卒論・修論提出期限直前でしたが学生諸君は余裕をもって発表し,踏み込んだ議論も行うことが出来ました.
2006年
  • 12/5 第14回はお二人のご講演を賜りました.最初はプロジェクト産業協議会 松林正之様から「グリーン都市”なごや”へ・その脱皮戦略」でした.名城公園の一部を堀川の干潟にするなど画期的な提案と,その実現可能性を高めるための検討内容をご披露いただきました.次は,伊勢・三河湾流域ネットワークから井上祥一郎様の急遽代理で今枝久様による「油が淵,庄内川,八田川の泥からわかったこと」でした.愛知県の河川,湖沼,海の水質について長年,調査・研究されてきた成果をご披露いただきました.暮れも押し詰まる時期でしたがフロアからも活発なご議論を頂きました.
  • 活動が鈍っているようにみえますが,堀川に関する卒研・修論を着々と進めています.小学校出前講義も行っています.11/2(木)は阿久比町南部小学校4年 総合学習の時間「水害と川の話(天井川ができるしくみ)」「環境をまもるはなし」増田理子助教授でした.11/13(月)は岡崎西高校2年,和久昭正助教授を予定しています.
  • 夏は堀川や水関係の行事が目白押しです.7月29日・30日:名古屋夏まつり河川コーナー出展,7月29日:七里渡で堀川まつり,8月中旬:各地で打ち水大作戦,8月26日:堀川エコロボットコンテスト,9月3日:堀川連携プロジェクト2006中間報告会,9月16日:中経連ウォーターマジックフェスティバル,等々.肝心なことは堀川の水がきれいになることですが...
  • 7/22 この地域の水工学・水理学の研究者の集まり「東海水工研究会」と合同で第13回を開催しました.中部大の武田誠先生,名古屋市堀川総合整備室 加藤丈晴様,名工大の冨永晃宏教授から,昨年来行われてきた堀川の潮汐流動と水質に関する調査結果について講義がありました.
  • 3/8 メンバーの堀克敏助教授が主宰するバイオフィルム・細胞付着研究会との共催により,バイオフィルムによる水質浄化をテーマとして第12回を開催しました.テレビでも取り上げられている炭素繊維による驚異的な水質浄化効果について群馬工業高専 小島昭先生からお話をいただきました.先生から炭素繊維が配られ,持ち帰って実験を試みた参加者もおられたようです.堀川にも効き目があるでしょうか?
  • 1/18 今年もよろしくお願いします。第11回は超音波流向流速計(下記参照)を用いた流量・流速・河床形状の調査方法の説明と冨永研究室による堀川観測の中間報告がありました。研究会は永らく開催されませんでしたが活動していなかったわけではありません。竜ヶ池での実験,中川運河,千人調査隊,土木学会共同研究など様々な形で堀川の環境改善に取り組んでいます。
2005年
  • 9/18 宮の渡し付近で行われた堀川大清掃に参加しました。同所で、堀川まちネットにより,米国製の流速等の観測機器の紹介がありました。
     
  • 8/10 第10回は現地視察、秋に予定している観測のデモンストレーションを行いました。猛暑の中でしたが40名ほどのご参加をいただきました。お疲れさまでした。

  •  
  • 6/17 第9回インフラ研究会を名工大で開催しました。気液ポンプ(特許取得済)による水質浄化の可能性についてお二方からお話と実演を頂きました。さらに名古屋市堀川総合整備室にお越し頂き、現在納屋橋下流で行われているエアレーションについてお話をいただきました。当日は多数のご来場(約50名)を賜りましたが、工大祭(学園祭)中で十分な会場が確保できず、ご迷惑をおかけいたしました。ここにお詫び申し上げます。
  • 3/11 第8回インフラ研究会を名工大で開催しました。メンバー及び研究室が2004年度に行った調査・研究の成果を報告しました。
2004年
  • 10/24 昨年に続き堀川ウォーターマジックフェスティバル!!に参加しました。今年は名工大から竹炭・竹酢液ペペとヘドロ団子(山下助教授)、植生筏(増田助教授)、エコロボット(ものづくりテクノセンター)の実演がありました。ウォーターマジックフェスティバル 研究会ポスター(pdf))
  • 10/12 研究会関連研究室の学生による研究発表会を名工大で開催しました。
  • 9/26  堀川一斉大掃除が沿川各所で行われ、当研究会も活動に参加しました。
  • 8/7 第7回インフラ研究会を名工大で開催しました。 当日は(株)フジタの阪本廣行氏を講師にお迎えしてヘドロ浄化に関する勉強会を行いました。
  • 7/4 堀川ライオンズクラブ千人調査隊の大学発表会が名古屋都市センターで開催されました。当日用いた発表シートを「研究成果報告」のページにUPします。
  • 千人調査隊大学発表会の様子(写真 左:冨永研 右:増田研) 
  • 5/22 第6回インフラ研究会を名工大で開催しました。当日はVE(バリュー・エンジニアリング)による堀川への施策検討、およびその優先順位付けを会場内でワークショップ形式で行いました。また、名古屋造形芸術大学のメンバーによる「堀川環境アート」の発表がありました。
  • 4/28 これまで開催された研究会の内容について、「研究会活動記録」のページにまとめました。(今後も更新していきます)
  • 4/15 名古屋堀川ライオンズクラブ創立1周年を記念して、名古屋都市センターで講演が行われました。
  • 3/31 研究会が朝日新聞の取材を受けました。 
  • 2/28 第5回インフラ研究会を名工大で開催しました。 当日は本学和久昭正助教授と中部大学松尾直規教授の講演と質疑が行われました。
2003年
  • 12/22 第4回インフラ研究会
  • 10/5 第1回堀川ウォーターマジックフェスティバル参加
  • 堀川ウォーターマジックフェスティバルでの研究会のブースの様子(ヨシによる水質浄化実験)
  • 3/24 第3回インフラ研究会
  • 2/21 第2回インフラ研究会
  • 1/20 第1回インフラ研究会

 

関係リンク




大学関係

 
当サイトに掲載されている文書・および画像を許可なく転載することを禁じます
Copyright(c) 2004 NIT Workshop on Horikawa River as Citizen-made Infrastructure. All Rights Reserved
Designed by Hiroshi NITTA (NIT SUIM)